2011年10月20日

チリよ、お前が黙っている時が好きだ

ジャーナリスト、そして翻訳者である伊高浩昭さんから、素敵な記事を書いていただきました音譜
ネルーダの詩をもっと読みたくなりますニコニコ

------------------------------------------------------------------------------------------------------

チリが生んだノーベル文学賞詩人パブロ・ネルーダ(1904〜73)は、バルパライソ南方の太平洋岸イズラネグラの邸宅の庭に、愛妻マティルデとともに眠っている。私は、この邸宅のほか、バルパライソにある邸宅ラ・セバスティアーナ、首都サンティアゴにある邸宅ラ・チャスコーナを訪れた。いずれも「パブロ・ネルーダ財団」が管理するムセオ(記念館)になっている。私が大好きなこの詩人を偲ぶ縁(よすが)であり、詩集や伝記を買うことができる。

この詩人が残した膨大な作品の中に、初期のものとして「20の愛の詩と、一つの絶望の歌」がある。ネルーダは、その一篇をもじって口にするのを好んでいた。私は1970年代初め、アジェンデ社会主義政権時代のチリで、ネルーダが肉声でそれを朗読するのをラジオで聴いた。



  チリよ、お前が黙っている時が好きだ
   いないみたいだからだ
  チリよ、お前が眠っている時が好きだ
   遠くにいるみたいだからだ
  チリよ、お前が遠くにいる時が好きだ
   心の中にいるからだ


この詩の「チリ」を、故郷や恋人の名前に置き換えて朗読してみたらいかがだろう。

私は、ラ米文化専門の月刊誌「ラティーナ」の11月号(10月20日発行)に、アジェンデ大統領とネルーダの「死の謎」について書いた。ネルーダ夫妻は1952年、地中海のイタリア領カプリ島で半年余り亡命生活を送った。私は今年3月、ナポリ沖のこの島を訪ね、夫妻が住んだ邸宅を探し当てた。この逸話も11月号の記事に盛り込んだ。

夫妻のカプリ島での暮らしぶりは、チリ人作家アントニオ・スカールメタの小説『ネルーダの郵便配達夫』に書かれ、それがイタリア映画『イル・ポスティーノ(郵便配達夫)』になった。映画では、ネルーダ夫妻が見つめ合いながらタンゴを踊る場面が素晴らしい。ネルーダはきっと、あの詩の「チリ」を「マティルデ」に置き換えて、何度も彼女の前で詠ったことだろう。
  

(2011年10月19日 伊高浩昭執筆)






posted by Rita at 10:22| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

多文化共生実践力向上セミナー(医療編)@千葉

みなさん、こんにちは! 空にはすっかり秋らしい雲が浮かび、

過ごしやすい日々が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか?


今回は、児玉が受講中の「多文化共生実践力セミナー」について

ご紹介したいと思います。これは、千葉県の国際交流センターが主催する

語学ボランティア向けの研修。医療、教育・子育て、就労・法律の

3分野において、在住外国人を取りまく現状と課題を認識し、支援するための

知識を習得するものです。


先週、「医療編」の講義に参加してきましたが、考えさせられる点が

いくつもありました。


そのうち一つは、外国人が医療の情報から取り残されていること。


例えば、インフルエンザ予防接種について。A4一枚にびっしり日本語が

書かれたお知らせでは、制度としては外国人も利用できるものの、

まず日本語が読めるかどうかが壁になり、情報が伝わりません。

結果として、予防接種が受けられない人が出てくることになります。


講師の小林先生が院長を務めるクリニック(神奈川県大和市)では、

病院の看板に始まり、様々な情報を英語・中国語などで掲示・

発信されており、ベトナム語・フィリピン語・タイ語の通訳が待機して

対応しているとのこと。そのため、高度な技術を要しない手術を含め、

県外からも来院する患者がいるというお話でした。


このお話から、情報発信の際には多数派を対象にしてしまいがちですが、

マイノリティーへの配慮が不可欠だと感じました。

外国人患者への外来対応マニュアル―医師・看護師・コメディカルに役立つ/小林 米幸
¥2,940
Amazon.co.jp

もう一つは、医療通訳は「ボランティアであってもアマチュアではダメ」

ということ


こちらは、医療通訳の派遣数が日本一のMICかながわで

プログラム・アドバイザーを務める西村氏のお話でしたが、

在住外国人が通院する際、単に「該当言語と日本語ができる人」では

誤訳やスキル不足などの問題が発生します。


身近な例として、患者の子どもが通訳をする場合、

医療制度や病名に関する知識不足から誤訳に至る、

学校や遊びの時間が削られる、心理的な負担が生じる、

という問題が挙げられます。


一方、トレーニングを受けていない知人・ボランティアによる

通訳の場合は、技術不足による誤訳、人材不足で特定の人に集中、

病気以外の個人的な相談を持ちかけられる、という可能性もあります。


そこで、専門職としての知識・技術・倫理観を養うために

トレーニングが必要、というわけですが、日本ではまだまだ研修制度が

整っていないというのが現状のようです。

疑問・難問を解決!外国人診療ガイド/西村 明夫
¥3,360
Amazon.co.jp


先の大震災では、在住外国人に対する情報不足から多言語対応の

電話相談センターなどが設置されましたが、日常生活の中でも

身近な場面で通訳・翻訳者が必要とされていると思います。


千葉県では、講義だけでなくスペイン語演習も含めたセミナーを実施中です。

ご興味のある方は、お住まいの自治体でどのような通訳研修をしているか、

お近くの病院で多言語に対応しているかどうかを調べてみてください。


【参考】


千葉県国際交流センター

http://www.mcic.or.jp/

MICかながわ 

http://mickanagawa.web.fc2.com/

東京都 防災(語学)ボランティア募集

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/volunteer2/volunteer2.html

名古屋国際センター 外国人医療受診サポートボランティア研修

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/archives/386

(編集:児玉)





posted by Rita at 13:38| Comment(2) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。