2012年02月25日

映画『フラメンコ・フラメンコ』に見る生命の旅


晴れ今話題のカルロス・サウラ監督作品『フラメンコ・フラメンコ』を見て参りました晴れ

フラメンコの何たるかを知らずとも、音楽と踊り、絵画を思わせる芸術的な画面展開で

十分に楽しめる作品に仕上がっていますが、フラメンコを取り巻くスペインの文化的な

背景(セマナ・サンタ、コプラ 等)の知識が少しあるだけでも、また一味違った醍醐味

が見えてくること必至ですひらめき

 

本作は「生命の旅と光」をテーマに、フラメンコの特徴的なパロ(曲種)を効果的に使って

<誕生>から<死期>、そして<復活>に至る人の一生を光や色調と共に表現しているそう

ですが、同時に1995年公開の同監督作品『フラメンコ』で、祖父の故・ファルーコと共に

圧巻のソレア(孤独の意)を踊った幼いファルキートが、本作ではすっかり成長した姿で余裕

さえも感じる爽やかなバイレ(踊り)を披露。彼の末弟カルペータも大人顔負けの迫力で登場

する他、やはり『フラメンコ』に出演し、一昨年惜しまれつつ他界した名カンタオール

(男性フラメンコ歌手)エンリケ・モレンテの愛娘、エストレージャ・モレンテの艶姿等、

一人のアーティストの成長や世代交代という、別の意味での「生命の旅」も垣間見られます。

 

Soleá (Flamenco: Cante: el Chocolate, Baile: Manuela Carrasco, Farruco, Farruquito)

http://www.youtube.com/watch?v=lFqQDkXBZrM

Seguiriyas (Flamenco: Cante: Enrique Morente)

http://www.youtube.com/watch?v=JwezqSzpkak

 

尚、今回登場するアルティスタの多くは、ポスターの顔にもなったサラ・バラスをはじめ、

現代フラメンコシーンを代表する錚々たる顔ぶれ。現在のフラメンコは、様々なジャンル

との融合を重ね、より自由でモダンなスタイルへと進化してきましたが、対照的に『フラメンコ』

ではもっと伝統的なフラメンコが堪能できます。

 

例えば、同作の冒頭を飾ったブレリア・デ・ヘレス

迫力のカンテ(歌)でトップを切る唯一無二のカンタオーラ(女性フラメンコ歌手)

パケーラ・デ・ヘレス等、フラメンコの黄金期を牽引してきた多くの伝説的フラメンコ

アーティストがこの10年で他界しました。

失われたものの大きさは計り知れませんが、そうした時代の移り変わりも踏まえ、

フラメンコ界の「今」を伝える作品、それが本作『フラメンコ・フラメンコ』なのです。

 

東京では渋谷のBunkamuraル・シネマにて3月中旬迄公開、全国の劇場でも公開中

又は随時公開予定です。(詳細は下記『フラメンコ・フラメンコ』公式サイト「劇場情報」

にてご確認ください)

因みに、ル・シネマのサービスデ―はネット予約で軒並み満席となっていましたので事前確認

した方がベター。

 

人生、何がきっかけとなり、どの様にして新しい扉が開かれていくかわからないものです。

この記事を読んでほんの少しでも心惹かれるものを感じた方、どうか迷わずご覧ください!!

 

*『フラメンコ・フラメンコ』公式サイト

http://www.flamenco-flamenco.com/

(編集MUU)


posted by Rita at 22:56| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

2011年度通訳案内士 結果報告&通訳ガイドへの道


こんにちは。少し暖かくなったかな?と思ったら、再び寒波がやってきましたね。
今冬
5波目だそうです。インフルエンザも猛威を振るっているようですので、
春に向けてしっかり体調管理をしておかなければなりませんね。

 


さてさて、少し早い春の知らせが、先日
210日にありましたかわいい
通訳案内士試験の合格発表です。


RITA
のメンバーも数人受験したのですが、みんなで一緒に乗り切ったおかげか、
皆さん合格されていましたぴかぴか(新しい)私、タニグチも無事合格でしたぴかぴか(新しい)

 


合格発表は、日本政府観光局(
JNTOHPと官報に掲載され、後日郵送で
通知が送られてきます。私は、朝起きて身支度を整え、どきどきしながら
JNTOHPへアクセス。一覧の受験番号の中に自分の番号を見つけた時は、
一人で「やった〜!」と万歳をしました。
二次試験直後は、なんとなく「大丈夫かな、たぶん」と思ってはいたのですが、
いざ合格発表が近づいてくるとだんだん不安になっていたので、
本当にほっと安心し、とても嬉しくウキウキしております。

 

そして、一緒に試験を頑張った仲間からも、喜びの声が届いていますexclamation

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Sさん

 昨年の震災を機に「後回しにせず、今やろう!」と自分の中途半端な
 スペイン語を勉強し直そうと決心しました。苦手な日本史や一般常識は
 過去問で集中補強しましたが、何より合格の決め手は、勉強仲間と二次用の
 
QAを何度も練習したこと!独学よりモチベーションも効果も段違いでした。

 今後はガイドをはじめ、コミュニティ通訳や映像翻訳など、仕事の幅を
 広げていきたいです。


 ※面接の内容は下記バックナンバーでお読みいただけます
  
http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/242336409.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Kさん

 今年無事通訳案内士試験に合格することが出来ました!

 私の場合、現在従事している業務の都合上、昨年「国内旅行業務取扱管理者」の
 資格も取得したのですが、通訳案内士を目指す人にとってもかなり有益な知識が
 得られるだけでなく、重なる科目もあるので、セットにして受験準備するのも
 一つの手だと思います。

 しかも、「国内…」の資格があれば、通訳案内士筆記試験の日本地理が試験免除と
 なる特典も。本試験は法令や運賃・料金計算等の知識も必要とされますが、
 更に仕事の可能性を広げたい方、「旅のプロ」を目標とする方にはオススメです。

 ※「国内旅行業務取扱管理者」試験の詳細はこちら
  http://www.anta.or.jp/exam/shiken/setsumei.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Mさん

 スペイン語通訳案内士を目指してみよう、と思い立ったのは4年前。
 その頃、札幌で英語ガイドをしていた私への、夫の
3年間のフィリピン赴任の
 知らせは「休業」を意味するものでした。通訳ガイドは、語学、人とのご縁、
 添乗など様々な要素が必要な仕事です。
 復帰後を考えると第
2外国語での免許取得は生き残り策に思えました。
 かくしてマニラでABCからスペイン語を学ぶ日々が始まりました。
 駐在仲間のランチ、お茶、ショッピングのお誘いをお断りしながら、
 図書館で勉強に励みました。幸運にも現地滞在中のスペイン・ラテン人の友人に
 恵まれ1つの国にいながら様々なスペイン語に触れることができました。
 「
3年で通訳ガイド」はやはり難しく、一昨年は不合格になりましたが、
 今年はナンとか合格。
 しかしまだ英語のようにはスペイン語は話せないし聞き取れません。
 やっとスタート地点に立たせて頂いたような、そんな、気がしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  


合格したら、次のステップは各通訳案内士団体による説明会に参加すること。
なんと、合格発表翌日から早速実施されますので、合格発表の前から、
スケジュールだけはチェックしておきましょう。

 

通訳ガイドとして働く方の多くは、全国16ある団体のいずれかに
所属されているようです。そこで悩むのが、どこに所属すればいいか。

今回いくつかの説明会に参加し感じたのが、それぞれ異なった特徴とカラーが
あるということです。もし迷われたら、複数の説明会に参加し、雰囲気を感じて
決めるのも一つの手かと思います。
何より、説明会では同じ目標を持つ人と知り合うきっかけにもなりますしね。

 
非常に喜んだ通訳案内士の合格も、ガイドになる第一歩にすぎません。
今日からは、その実務を担っていく者として再びしっかりと学び、
ガイドデビューに向けて一歩一歩進んでまいりますぴかぴか(新しい)



posted by Rita at 10:16| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

RITA定例会&スカイツリー周辺散策

RITA定例会は、毎月一回開催されています。
コアメンバーが集まり、メルマガやブログ、イベントの計画などRITAの活動について話し合っています。
お茶をしながら、ときにはランチをしながら、和気あいあいとした雰囲気のミーティングです。
そして、今回の定例会はいつものミーティングに加えて、スカイツリー近辺の散策をプラスしました。

sky tree asakusa.jpg

外国の方に日本を紹介する、という設定で散策し、スペイン語で説明をしたり
外国の方がしそうな質問を想定してみたりしながらの模擬ガイドツアー。
特筆すべきは『通訳案内士』に合格した、本物のガイドさんが3人もいたということですexclamation×2

用意周到なメンバーガイドさんが撮影スポットを網羅した散策ルートを計画、
そしてまた別のメンバーガイドさんがそのルート入りマップを用意する、という
ついでの散策、とは思えないほどの本格ツアーでした。さすが!!

ルートをたどりながらスカイツリーへと向かう途中
偶然、通りがかった路地で餅つきが行われていました。
メンバー代表のS氏が餅つきに飛び入り参加!
こんな伝統的な場面に偶然出会えるのも、下町ならではですね。

mochitsuki.jpg

餅をついてテンションもあがった一行は次にインフォプラザへ。
想像よりもこぢんまりとしたプラザには、模型や写真があり、パンフレットやおみやげなどがありました。
ここまでくると、目の前にドーンとスカイツリーが現れます。
さすが、634m!圧巻です!

sky tree mashita.jpg


そして最後は逆さツリーが見れる、というスポットへ。
工事中でお目当ての橋の前で行き止まりとなってしまいましたが
川面に映るスカイツリーを見ることができました。


sakasa tree.jpg


新たな観光名所、東京スカイツリー。
みなさんもガイドになったつもりで散策してみてはいかがでしょうか?
見るだけではなく説明する、となると意外と知らないことがあったりして
改めて調べてみよう!と思うきっかけにもなります。
楽しみながらお勉強にもなって、一石二鳥手(チョキ)
ぜひ、おすすめでするんるん
(編集:佐藤)

posted by Rita at 19:15| Comment(0) | RITA活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。