2012年02月05日

おなかの鳴る映画 El Bulli




『 エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン 』という映画を観ました。



「エル・ブリ」をご存知だろうか。美食家や食に興味を持っている人ならともかく、詳しく知らない人は多いだろう。
エル・ブリは、スペイン・バルセロナから高速で約2時間ほど離れたカタルーニャ地方にある三つ星レストラン。
45席しかないシートに世界中から年間200万件もの予約希望が殺到する
<世界一予約のとれないレストラン>である。




カラ・モンジョイという美しく小さな入り江に面したこのレストランの厨房を仕切るのは、
オーナーシェフのフェラン・アドリア。<世界でもっとも革新的なシェフ>と称され、
食の世界に旋風を巻き起こし続けるカリスマだ。  〜

公式サイト イントロダクションより 〜
 


このレストラン、遠いし、高そうだし、なんと言っても人気があって予約不可能そうだし、

それより何より、昨年閉店してしまったというのだから、全ては遅し。。。

ワイン好きな私としては実に興味のあるレストランだったのだが、

その厨房のドキュメンタリーが映画になると知り、これは見なくては!と勢いこんでおりました。


見て、正解。


お客様を喜ばせるため、あっと驚くビックリ箱のような料理をつくろう、という情熱に向かって

日々研究に研究を重ねるフェランとその仲間たちの厳しく真面目な姿は、

こちらの背中をきりっと真っ直ぐにさせてくれるようなものを与えてくれます。

ただし、見ながら完璧にお腹は空きます。


@ 

matsutake(松茸)、kaki(柿)、yuzu(柚子)など、日本の食材に注目している。
   その使い方が斬新。    
   柿は、トマトの食感に似ていると言っていたあたりは、さすが、その土地バルセロナと思った。


A 

スペイン語学習者としては、フェラン以下スタッフたちの話す言葉が、
   カタルーニャ語、スペイン語、フランス語と、ごちゃまぜに出てきて面白かった。


B 

コンピュータも駆使して科学的に料理を見る。
   しかし、映画の中でも誰かが言っていた「大事なのは、自分が好きだと思ったこと。」を
   形にしていく作業は、やはり料理というものは人間が心で作るものなのだ、と感じる。



映画館情報を見ると、数少ないとはいえ全国的に上映されております。

すでに上映が終わってしまった地域もありますが、これからのところもあり、

東京に関して言えば2月いっぱいは続行するそうです。(電話で確認済み)


もし興味がありましたら、食のアートを満喫しにぜひ!この映画を見てみてください。

映画の後の食事では、ワインもすすみます♪


El Bulli 公式サイトはこちら。
http://www.elbulli-movie.jp/


ellbli395_540.jpg


RITA メンバー michiyo nishikubo







posted by Rita at 08:06| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。