2012年05月13日

世紀の天体ショー

 

間もなく521日。

メディアでも日々取り上げられている金環日食(eclipse
anular de sol)の日ですね。

次に日本全国で金環日食が見られるのは何と300年後とか。

巷では様々な種類の日食グラスも出回っています。

日食グラス、観察ノート付オリジナル切手「金環日食」も販売されましたが、職場や自宅近くの郵便局ではすでに売り切れでした・・・ 

stamp.jpg


しかし、ご存知ですか。

ある意味もっと「地味」ではあるかもしれませんが、66日にはTránsito de
Venus金星の日面通過)が起こります。小さな小さな黒い点にしか見えない程の金星が太陽の前を横切っていく姿が見て取れるという天体ショー。


これも見逃すと次は2117年まで見ることができません。

今の時代を生きる我々にとって、2012年はまさに奇跡的な天文ショーの一年。


この現象を知らせてくれた友人から先日メールでこんなことを言われました。

Que lo vivas como un momento único y
afortunado en tu vida.


金環日食も素晴らしいですが、水星や金星の日面通過が10年の間に二回も起きて(前回は2004年)、その後次回までに100年以上もの時間を要することは稀だそう。

日時を記憶していなければ、肉眼で見ることができるかどうかぎりぎりの金星の移動。

日食のように誰でも気づくことはできないささやかな天文現象かもしれませんが、意識してみればそれはかけがえのない時間のはず。


人生もそんな瞬間の連続なのかもしれません。

意識してみれば、小さな小さな現象であっても、実は大きな、かけがえのない経験となる可能性はあるのではないでしょうか。


お天気に恵まれることを祈って、Esperemos los momentos únicos!!


MUU

posted by Rita at 21:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。