2012年05月27日

スペインと新大陸が出会ったとき


今日は、今月のマイ電車のお供だった書籍、
ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」を紹介します!

約20年前に発表されていて、すでに「古典」扱いですが、最近文庫版が出版されました。
タイトルですでに十分ごついですが、内容もかなりの骨太作品です(ピューリッツァー賞も受賞しています)。

私の電車通勤は片道10分なこともあり、読破に1か月かかってしまいました。。。 

gungermssteel.jpg




本の内容を超簡単にいうと、世界中に広がる「格差」がなぜうまれたのかを、
13000年の人類史をひも解くことで明らかにする、というものです。

スペイン語圏でいうと、なぜスペインは新大陸(南北アメリカ大陸)を征服できたのか、
なぜにインカやアステカの民はスペインを征服できなかったのか、についてフォーカスしています。




インカ帝国とアステカ帝国が、スペイン人のピサロとコルテスにそれぞれ征服されたことは、
学校の教科書でも習いましたよね。
ピサロもコルテスも数百名で、数万人規模の新大陸の帝国軍をアッサリと征服できた理由は色々語られていますが、スペイン人が銃や鉄器を使用し、馬を操り、新大陸人に免疫のない病原菌をうつしていったことが、征服の大きな要因であったことは間違いないです。

この本の面白いところは、なぜピサロが鉄、銃器、病原菌、馬、を持っていて、
アタワルパ(インカの王)は持っていなかったのかを、
なんとまあクロマニヨン人の時代から追っていくところです(マジで長いです・・・)。 


さてさて、なが〜いので、バッサリと結論だけ要約すると、
@新大陸は縦長だけど、ユーラシア大陸は横長だった! 
Aユーラシア大陸にはたまたま人間が利用可能な動植物が多かった!!

だからユーラシア大陸は有利だったそうです。 

@についてですが、緯度が違うと環境が大分かわりますよね。
新大陸は特に縦に細長いので、人間、動植物が移住するのは大変なのです。
一方ユーラシア大陸はそういった障害が少なく、伝播スピードが速かったため、多くの社会が発生しました。

Aはもっと重要で、「銃・病原菌・鉄」を保有するためには「定住・大規模社会化」が重要で、
そのためには「動物の家畜化と植物の栽培化」が必須だというのです。

知りませんでしたが、現在の大型家畜は世界で14種しかなく、
新大陸原産は1種のみ(リャマ・アルパカ!!)だけで、あとはすべてユーラシア大陸原産だそうです。
アフリカ原産はゼロだそうで、厳しいですね! 

また、中南米原産の植物といえばトウモロコシですが、こいつも昔は小指くらいの大きさしかなかったですが、相当の時間をかけて今の形に発達させた経緯があります。
ユーラシア原産の小麦・オオムギなどは10000年前からあまり変わっていないようです。


ユーラシア大陸の環境がいかに新大陸より有利であったかという、いわゆる環境決定論ですが、
俯瞰的視点を与えてくれるので、とにかく面白いです。通勤時間が長い人に、お勧めです(笑)。 



ピサロ、コルテスから時は流れ、21世紀は随分様変わりしました。 
栄光の時代を過ごしたスペイン、ポルトガルは没落の一途をたどっており、
新大陸ではブラジルなどの新興国が勃興しています。

(ダイアモンドの言う)格差の原因だった、環境の違いを我々は技術で克服しつつあるわけで、
100年後の世界地図が一変していてもなんら不思議はないです。
アフリカや新大陸の開発途上国と呼ばれる国々が世界を牛耳ることだって、ありえますよね。 



たまには(といいつつ一ヶ月ずっとでしたが)、こういうこと考えて電車に乗るのもいいもんです。

sasaki
posted by Rita at 00:02| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。