2012年07月24日

KidZania(キッザニア)

先月、TBSの『がっちりマンデー!』という、企業の儲けの秘密を探るという番組で、「キッザニア」の本社が取材されていました。RITAメンバーならご存知の方も多いと思いますが、キッザニアはメキシコのグローバル企業です!現在は世界8ヶ国11ヶ所に展開しており、今後の2年で新たに13ヶ所オープン予定だとか。そんなキッザニアが初めて海外進出した国は、日本。更に、メキシコ以外の国で1ヶ所以上を展開しているのも、現時点では日本だけです。

日本でキッザニアを展開しているのはKCJ GROUP株式会社。社長である住谷氏が、キッザニアに惚れ込み、日本で展開することになったそうです。住谷社長は、ハードロックカフェや、カプリチョーザなど、世界的ブランドのレストランを展開する外食事業会社WDIの元社長さんでもあります。住谷氏がキッザニアを知り、日本に設立するまでのお話も大変興味深いです。詳しいお話はこちらで見られます。

120625zoff_kidzania_tokyo01_600.png


キッザニアは、子どもたちが本物の職業体験を学べるテーマパーク。施設はリアルさを追求し「本物の3分の2」サイズで作られているそうです。そして展開する国によって、体験できる職業も違います。例えば、メキシコのキッザニアには、「遺跡の発掘」や「靴磨き」なんていうお仕事もあるそうです。

子どもたちは、いろいろな職業を体験し、「キッゾ」という、キッザニア内で使えるお金を稼ぎます。ここで、とても面白いのが「お金の使い方」です。日本の子どもたちは、稼いだお金は無駄遣いをせず、銀行に「貯金」をし、最後にお金をおろして買い物をするそうです。一方、メキシコの子どもたちは、お金があると、まず最初に使い、その後に仕事を探しに行くのだそうです。なんと!子どものころからはっきりと国民性が表れているんです!!興味深いですね〜!!

index_img_kidzo_01.gif


今ではお馴染となったキッザニアは、1999年にメキシコで第一号がオープンしました。創始者であるXavier Lopez氏の「母親の負担を減らし、子どもたちが楽しめる託児所」をつくりたいという発想がその原点なのだそう。さらに、ただ楽しいだけではなく「何かを学べる場所」を提供したいということから、現在のキッザニアが誕生したのです。
このように明確なコンセプトを持っているからこそ、世界中の子どもにも大人にも親しまれる、大人気のテーマパークになったのですね。私が子どもの頃にもあったらよかったのになぁー、と思わずにはいられません。子どもができたら絶対に連れて行こう!っと改めて思いました。

(執筆:佐藤)

posted by Rita at 22:53| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。