2012年08月28日

場所が違えば意味も違う



同じスペイン語を話すというのに、国が違えば意味も違ってきてしまう、という戸惑う面白さ。

辞書には書かれていない意味で使われていたり、

同じことを話していると思ったら、対象物はまったく別のものであったり。。。




アメリカ大陸にあるメキシコのスペイン語にどっぷり浸かってきた私が、

ユーラシア大陸の果てにあるスペインに憧れ、ある日旅に出た。

そこで体験した単語にまつわるちょっとした驚きと誤解のおかげで、旅が楽しいものとなった。



例えば。

Tortilla(トルティージャ)といえば、メキシコではとうもろこしの粉を練って焼いた主食。

タコスの皮にあたる部分になる。

taquito.tif



だが、スペインではオムレツのような卵料理。

CAMINO (4).jpg




「別の Playera (プラジェラ。 メキシコではTシャツの意) が欲しい。汗をかいてしまったから。」

と言えば、すかさず

chanclas.tif

を、放り投げてくれたひとがいた。

スペインでは、これがPlayeras。


Tシャツのことは、スペインではcamiseta(カミセータ)というのだそうだ。

メキシコで camisetaと言ったら、長袖の薄いセーターになってしまい、私は大混乱に陥る。



その大混乱を整理するため、書きためっていったら、こんな風になりました。

IMG_0667.JPG



Ritaメンバー  luna




posted by Rita at 06:47| Comment(2) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。