2012年09月16日

時代を越えた縁

先日、友人がソロで踊るというので、久々に某フラメンコ教室のスタジオコンサート(発表会的ライブ)に足を運びました。スタジオコンサートといえども、バックをスペイン人アーティストで固めた気合は十分に伝わってきます。

 

私は開演少し前に着いたのですが、あまりの会場の熱気というか暑さに耐え切れず、始まるまで外で待っていました。そこで、偶然ですが当日のカンタオール(男性フラメンコ歌手)と立ち話に興じることに。

 

彼は日本在住20年のベテランで、日本人の奥様との間に中学生の男の子がいるとのこと。その後、幕間でやはり話をしたギタリストは在住3年目、今年に入ってやはり日本人の奥様との間に女の子が生まれたと言います。そんなフラメンコな家族に育った子供達の中には、新たな日本のフラメンコ世代としてすでにアーティスト活動をしている人たちも。

 

スペイン人である父親がフラメンコ活動の拠点として敢えて「日本」を選択した訳ですが、そのきっかけの大半はパートナーに起因しており、家族という「根」を持つことで、この自国とは似ても似つかぬ文化の異国に腰を据えることになった訳です。これは勿論フラメンコの世界に限られたことではありませんが、運命とは本当に不思議なものですね。

 

コンサートを終え、帰途につきながら、ふと慶長遣欧使節団を率いた支倉常長の銅像が立つ、スペイン南部セビリヤ県のコリア・デル・リオの町とその歴史を思い出しました。目的も、その時代背景も全く異なりますが、想像を絶する過酷な船旅の末、ここコリアに到着しても、日本に帰国することのなかった日本人と現地のスペイン人との間に生まれた人々の末裔ではないかと言われる「ハポン姓」を持つ人たちが多く住んでいます。

japon_3.jpeg

http://www.ayto-coriadelrio.es/opencms/opencms/coria/municipio/Historia/apelljapon.html

より転載)

 

最近経済的に元気のないスペイン。もしかすると、今後こうしたスペインのフラメンコアーティスト+日本人アーティストという構成の家族が増加、又は単純に生き残りをかけて生活の拠点を日本に絞ったアーティスト達がスペインから続々と流出することで、終には「“日本で”フラメンコ」という域を越えて、彼らが「“日本の”フラメンコ」を台頭し、ゆくゆくは中華街やコリアンタウンの様に日本の「barrio flamenco」が出現する?!!・・・なんてことにはならないとは思いますが、何か時代を越えた縁の様なものをおもむろに感じた一夜でした。

 

<MUU>

 
posted by Rita at 21:21| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

平成24年度通訳案内士試験〜筆記試験レポート!

8月26日(日)に通訳案内士の筆記試験を受験しました。筆記試験は語学・地理・歴史・一般常識の4教科と試験範囲がかなり幅広いです。そこで、試験対策としてどのような準備をしたか、そしてどのような問題が出題されたかをレポートしたいと思います!

私は今回が初めての受験だったので、手始めに過去問題を解くことから始めました。すると、勉強しないままでは不合格間違いなし!という事実が判明したので、まずは問題の傾向、そして勉強すべきポイントを押さえることにしました。(過去問題はこちら)

ネットで「通訳案内士 勉強法」で検索をかけ、いろいろ調べ、過去問を詳しく分析しているサイトを見つけました。試験範囲が広いからこそ、何処に重点を置くべきなのかを把握することはとても重要です。(おすすめサイトはこちら

ちなみに、来年からは少し問題の出題傾向が変わるようですので、ガイドラインを確認されることもお薦めします。平成25年度からの「通訳案内士試験ガイドライン」はこちら

まず、地理ですが、ポイントは「観光に結び付いた地理」。特に重要伝統的建造物群保存地区や温泉地、各地の年中行事などを確認し、基本的な日本の山、川、山脈、平野なども復習しました。また、必ず写真を使った問題がある、ということで写真にもたくさん目を通しました。しかし、以前は写真をみて地名を答える問題が多かったのに対し、去年からは、写真は使うものの観光地の説明書きが既に問題文にあるので、写真がわからなくても観光地の特徴を知っていれば答えられる問題も多いです。今年も同様の問題形式でした。

また、今年の地理問題には日本の天気についての問題がでました。気圧や前線の名前、それが及ぼす影響やその影響を受ける地域などに関してです。私は天気についてはノーマークだったのでかなり焦りましたが、普段のお天気ニュースで聞くようなことを思い出しながら答えたら、結構当たっていました(自己採点で)。そして去年から出題されるようになった、地図を見て、地図記号や地形の特徴(台地・三角州・低地・河岸段丘など)を答える問題も出ました。これまたあまり勉強していなかった分野でしたが、基本的な地名や山、川などを復習していたので、問題の中にヒントがあり、答えがわかるものもあり助かりました。

chizucho-horz.jpg
地理の勉強に役立った2冊。左はさまざまなデータなども掲載されています。
一般常識の試験対策にも使えます!

次に歴史。地理同様、写真を使った問題が必ず出ます。その多くが、歴史的建造物や仏像や彫刻、絵などです。しかも写真問題だけで20点を占めるのでかなり重要です。そして、書物や絵画と作者の組み合わせを問う問題もあり、今年も15点分がこの分野から出題されました。あとは歴史的出来事を捉えておくことは言うまでもありませんが、その出来事が起こった場所を地図から選ぶ問題もあるので、地図で場所の確認をしておくことも重要です。
以上のポイントを押さえて勉強したところ、想定範囲からの出題が多かったです。


nihonshi-horz.jpg
日本史の勉強には図や写真などが多いものがお薦めです。
左の本は、たまたま実家で見つけた高校の教科書!写真が多くかなり重宝しました!


一般常識問題は、毎年出題される問題が違うのでなかなか範囲を特定することが難しいのですが、政治、経済、産業などの時事問題を押さえておけば半分は解けます。今年はそれに加え、最高裁判所、日本酒、日本料理に関する問題が出ました。それから、映画に関する問題も2問出ました。映画に関しては、過去問題でも出題がありましたので、注目作品や、受賞作品などをチェックすることは有効かもしれません。

そして、肝心のスペイン語。これは合格基準点が他の科目よりも高く、また試験時間も2時間と最長です。ガイドラインによると、「読解問題2題(35点程度)、和訳問題1題(15点程度)、和文外国語訳問題1題(15 点程度)、外国語による説明(あるテーマ、用語について外国語で説明する)問題1題(20 点程度)、単語外国語訳問題1題(15 点程度)を基準とする。」とあります。メインは読解や西訳や作文ですが、読解問題中に、単語の活用形の穴埋め問題や、類義語、慣用句などを答えさせる問題もあります。

今年の試験の問題文は、時事的なものが多く、スペインのロルカの地震の記事、東京スカイツリーの説明文などが出題されました。また、スペイン語訳は回転ずしの説明、そして作文問題はひな祭りについての説明でした。最後に15問出題される単語も、時事的な単語が多く、「経済危機」「国債」「原子炉」「放射能」「総選挙」といった単語が出題されました。
時事的な問題が多かったので、日ごろからニュースをチェックするなどしていれば、ものすごく難しい、と思う問題ではないように思いました。そして日西に関しては日本の事柄をスペイン語で説明する練習をしていれば対応できると思います。

以上、今年の通訳案内士試験の対策&レポートでした。

私は特に地理と歴史に不安があったので、かなりの部分をその2科目に費やしました。反対にスペイン語は過去問題を解くのと、日頃からニュースなどを見る以外は特別な対策はしませんでした。これが吉と出るか凶とでるかは、神のみぞ・・JNTOのみぞ知る、というところです。

ドキドキの合格発表は11月、とかなり先なので、とりあえずは合格するつもりで、二次試験対策を始めようと思っています。
(RITAメンバー Sato)
posted by Rita at 18:56| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。