2012年09月27日

ククルカンの降臨



先週末は彼岸の中日でした。

この日は、”陰陽のバランスが整う日” と言われているそうな。

日本では、ご先祖様に感謝の気持ちをこめて墓参りの習慣がありますが、
私も墓前に手を合わせてきました。

yin yang.jpg


さて、私が一生に一度はぜひ見てみたいもののひとつに、「ククルカンの降臨」があります。

場所は、メキシコはユカタン半島にある世界遺産のピラミッド、
チチェン・イツァ (Chichén Itzá)。

2回ほど訪れたことがありますが、両方とも夏の時期だったので、
まだ、その「降臨」は見たことがありません。

ククルカンの降臨とは、神殿がカレンダーそのものであることを証明している現象のひとつで、
年2回しか見ることができず、
それが、日本で言う「彼岸」の時期のみ。


詳しくはこちら↓ (4分弱)

http://www.youtube.com/watch?v=KQ-qk5cTqI4


それにしても、太陽が真西に沈むことを利用したマヤ族の、数学・天文学知識には驚かされます。



Ritaメンバー   luna



posted by Rita at 19:58| Comment(0) | 芸術・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。