2014年01月03日

平成25年度通訳案内士試験〜二次試験(面接)レポート!

 みなさん、明けましておめでとうございます!
2014年の幕開け、いかがお過ごしですか。
今年はワールドカップ開催や、マイナーなところではパナマ運河開通100周年など注目イベントが目白押しで、ラテンアメリカはまた大いに盛り上がりそうですね!

  脱線してこのまま続けたいところですが、表題のテーマに戻りますね。今回は、昨年128日に実施された通訳案内士試験の二次試験について、受験レポートをお送りします!

 この通訳案内士試験ですが、こちらのRITAブログ上でも過去数年間にわたりスペイン語の受験レポートが報告されていますので、基本的な情報は省略します。また、今年度の一次試験(筆記)についてはlunaさんが報告してくれましたので、そちらをご参照下さい。
http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/378718772.html
主催団体である
JNTO(日本政府観光局)は、今年度の二次試験は試験方法がこれまでと異なると予め発表していました。とはいえ私は初受験組で過去の試験内容と具体的に比較できませんので、こちらも過去レポートをご参照下さいね。


ポイントはこちら
 ☆ 受験時間別に全言語共通の試験内容
 ☆ 日本語での質疑応答はなし
 ☆ 通訳とプレゼン、プレゼンに即した質疑応答の3本立ての構成

二次試験は
128日全日にわたり、9時〜18時までを6つの時間帯に区切って召集されました。それぞれの時間帯別に設問が異なり、同じ時間帯の受験者は全言語共通の設問だったようです。スペイン語の一次試験合格者数は30人前後だったと思うので、全時間帯にスペイン語受験者がいたかはわかりません。私は一番早い9時集合10時開始の時間帯で、その中でも一番手で、緊張を解きほぐす余裕もなく試験が始まりました!


 〈面接の流れ〉
 まず部屋に入ると、日本人試験官1名、スペイン語を母国語とする試験官1名が正面に座っており、受験者は手前に並んだ椅子に座るよう促されました。椅子にはA4サイズの白紙とペンが置いてありました。日本人試験官に、名前と受験番号をスペイン語で言うよう指示されます。そして試験開始。まずは日本語からスペイン語への逐語通訳です。説明は日本語です。「日本語は一度しか言いません。用意されているペンと紙を使ってメモを取っても結構です」と言われました。

 私の受けた時間帯の通訳問題(多少の誤差の可能性はあります。ご了承下さい)は以下のものでした。


日本は、四方が海に囲まれており、国土の7割が山地で、7つの火山帯があります。日本の川は、川幅が狭く急流で、海に注ぐところに平野が広がっています。
 
 通訳し終えると、次にプレゼンテーションの説明に入りました。それぞれにテーマが書かれた3枚の紙を手渡され、30秒間で一つのテーマを選び、そのテーマをスペイン語で読み上げ、それに関し約2分間で説明して下さいと言われます。私が受け取った3つのテーマとは以下のものでした。

 
1)   東京が日本の他の地域と異なる点について
2)   浮世絵について

3)   旅館について


 私は1)を選びました。プレゼンを始めて、途中1分経ったところで「1分です」と試験官が教えてくれました。私が言い終えると、言った内容に関してスペイン語母語試験官からの質問が始まりました。スカイツリーについて少し話していたので、

「スカイツリーはどこの区にあるのか」

「スカイツリーを見に行った際、ほかに見所はあるか」

などを聞かれました。そして最後の質問は、

「東京は博物館、美術館がたくさんあると聞いたが、どこがオススメか」でした。


 外国人観光客を相手にするガイドになりきって、オススメ観光コースや見所などを説明すると、試験官の方々はにこやかにうなずいてくれて、終始和やかな雰囲気でした。試験前から、部屋の中から笑い声が漏れていたので、自分もリラックスしてのぞめました。

 振り返って反省をし始めると「あれを言っておけば良かった」とか「こう言うべきだった」とかきりがないですが、できる範囲でやるだけのことはやりきったので、人事を尽くして天命を待つのみです。合格発表は二次試験から
2ヶ月後の2月上旬です。(RAN


posted by Rita at 15:01| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。