2011年05月23日

DELE受験レポート(1:筆記試験の巻)

みなさん、こんにちは! RITAの児玉です。

先週末、スペイン文部省認定のスペイン語試験、DELEを受験してきました!

DELEとは、"Diplomas de Español como Lengua Extranjera"の略です。


どんな表現が試験に出てきたか?というと、例えば

"hablar sin ton ni son", "darse un chasco", "alma de cántaro",

"dar una cabezada", "estar a dos velas"...などがありました。

全部わかったアナタ! かなりのツワモノです。最上級をパスできるのでは!? わからなかった方、スペイン語って奥が深いですよね。恥ずかしながら、私も聞いたことのないものばかりでした。


さて、読者のみなさんの中には、すでに各級をお持ちの方や、興味はあるけど未受験の方など、いろんな方がいらっしゃることと思います。DELEは、スペイン語圏では留学や就職、海外派遣選考などの目安に使われていて、世界どこでも通用する、一生モノの資格です!今日は簡単に、DELEの説明&受験した感想をお伝えしていきます。


----------------------------------


◆レベルは6段階。A1(入門)、A2(初級)、B1(中級)、B2(中上級)、C1(上級)、C2(最上級)に分かれています。

詳しくはコチラ⇒ 【DELEの公式サイト】http://dele.jp/


ちなみに私は昨年の5月にB2を取得し、同じく11月にC2で不合格、今年の5月にC2を再チャレンジしたところです。

Preparacion al Diploma de Espanol,Nivel Superio.../Pilar Alzugaray

【DELE C2レベル対策問題集】
¥2,268 Amazon.co.jp

◆試験当日の時間割(2011年5月、C2の場合)

【筆記試験】

8:30 集合

9:00 -11:00 読解(60分)・文章表現(西作文)(60分)

11:00-11:30 休憩

11:30-12:15 聞き取り(45分)

12:15-13:15 文法・語彙(60分)


※口頭試験の時間割は受験者によって異なり、当日と翌日に振り分けられます。(詳しくは、次の記事でご説明しますね。)


◆試験の内容


1)読解では、長文が3題。

テーマはメキシコのコーヒー・チェーン店"Café Gourmet"が成功した理由他。

もう1題は、コロンビアの作曲家に対するインタビューで、質問者の発言と回答者の発言を適切に組み合わせるものでした。


----------------------------------


2)西作文は2種類。1つはフォーマルな手紙で、2択。私は「搭乗予定のフライトが説明なくキャンセルになり、空港で夜を明かした。航空会社宛に事情説明を求め、予定外の出費を補償するよう請求すること」を選択しました。


もう1つは一般的な作文で、3択。私は「仕事で滞在するなら、Madrid, Buenos

Aires, México, Santiago de Chileのうち、どの都市を選ぶかとその理由、文化理解のために現地で何をするか、完全に現地人化したいかどうかとその理由」を選び、訪れたことのあるチリのサンティアゴについて書きました。


----------------------------------


3)聞き取りは4題。"helecho"(シダ)の栽培方法、インターネット上の著作権管理団体の活動についてなど。なんと、最初の1題は強いアンダルシア訛り!2回読まれてもよくわからず、のけぞりました。

実は、受験者の中にスペイン帰りの友人がいたのですが、彼女も聞き取りにくかったとか。他、ラテンアメリカ各地のアクセントで出題されました。


4)文法・語彙もクセモノです。メキシコ留学中には耳にしなかった慣用句のオンパレード!しかし、対策問題を何回かやって養ったカンと、前後の文脈から推測できたものもあったので、やはり過去問などで多くの例に当たっておくといいですね。


◆事前の対策


1)下記のサイトで、過去問題をダウンロードできます。リスニング問題も。どのレベルを受けるか迷ったら、一度ご自分でチャレンジしてみては?
【DELEのモデル試験問題】

http://diplomas.cervantes.es/candidatos/modelo.jsp


2)この記事の前半に載せた問題集(写真)は一例です。過去問ではもの足りない、または、徹底的にDELEをマスターしたい方に。

【対策問題集】

"Preparación al Diploma de Español, Nivel Superior C2"(Edelsa)他

----------------------------------


筆記は半日がかりで、とにかく長い!ため、集中力が必要です。時間配分も重要で、例えば読解(60分)は4問あるので1問につき15分、など目安を決めて取りかかりました。30分間の休憩では、気分転換に&小腹を満たすため、カツ丼(小)を食べて景気づけしました(笑)!


受験のチャンスは、地域によって年1〜3回。目標があると、学習のモチベーションもグンとあがりますよね!まだ受験したことのない方、次回トライしてみてはいかがでしょうか。結果発表は3ヶ月後、私も受かるまでがんばります! 


次の記事では、口頭試験についてお伝えします☆

(ブログ編集:児玉)


posted by Rita at 23:58| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。