2011年05月28日

DELE受験レポート(2:口頭試験の巻)

みなさん、こんにちは! RITAの児玉です。

前回の記事では、DELE(C2:最上級)の筆記試験についてレポートしましたが、いかがでしたか? なじみのない表現も多く出題されるため、DELE未受験の友人は「あの慣用句、どれも知らなかった!」と、腰を抜かしていました。でも、対策をして傾向をつかんでおけば、全く手の届かないレベルではない!と思います。


さて、今回は、引き続き口頭試験(オーラル)の説明・感想をお届けします♪


◆日程腕時計

まず、2011年度5月の試験では、5/21(土)に筆記試験がありました。これは全員共通。口頭試験は1人ずつなので、当日と翌日に振り分けられます。この日時は、受験の約1週間前に届く受験票に記載されています。

当日の受験だと「一気に全部終わるから楽!」という方もいますが、私は翌日の5/22(日)午後だったので、「やった!一日余計に準備時間がある」と思ってオーラルの練習に励みました。


◆場所東京タワー

東京の場合、筆記は上智大学(四ツ谷)、オーラルはセルバンテス文化センター東京(市ヶ谷)に移動しての受験となります。セルバンテスでは、レベルごとに待合室が分かれ、1階受付に案内が掲示されていました。

なお、試験開始15分前までに集合しますが、私は気持ちに余裕を持たせるため、1時間前から近くのドトールで待機。他にも、受験者らしき人がチラホラ。みんな、がんばろう〜!!


使えるスペイン語フレーズ500 中級へのステップアップ/マリャヨランダ・フェルナンデス
 

【中級・上級者向けのフレーズ集】

¥1,995 Amazon.co.jp


◆試験(C2)の内容


会場には2人の試験官がいて、そのうち1人と面接します。最初は「コダマさんって、マリア・コダマと関係あるの?」「ないです(笑)」とか、「筆記はどうだった?」など、場をほぐすような会話から。ここは採点されませんが、緊張しやすい人は、なるべく積極的に答えておくとリラックスできると思います。

試験は2問で計15分です。


1)2枚の写真について描写・比較するポスト


・5つのテーマ(裏返しで見えない状態)から、1つを選びます。私が引いたのは「手紙」と「携帯電話」の2枚の写真が載ったもの。この2つについて、共通点、相違点を述べるよう指示がありました。例えば、どちらも通信手段という共通点がある一方、利用する際のコスト、相手に自分の言葉が届くまでの時間が違ってくる、などです。さらに、通信手段が昔と比べどう発展してきたか、これらのツールが「本当の」意志疎通に役立っているか、など深堀りすると理想的だと思います。


・途中、試験官から質問が入ります。例えば、

私「手紙(便箋や切手)は安いものですが、携帯は購入時に何万円もかかります」と言うと、

試験官「でも、無料の携帯もあるわよね?」と反論がきます。その場合は、

私「無料のものを買うには電話会社を変える必要があり、アドレス変更が面倒です」などと切り返します。こういうやり取りを続けていると、あっという間に終わります!


2)文学者・芸術家などの言葉をもとに、自分の意見を述べるナゾの人



・3つのフレーズ(全て目読可)から、1つを選びます。私が選んだのは、「旅行経験の豊富な人が賢いとするなら、最も賢いのは"revisor de billetes"である」という一文。パッと意味がわかったら、アナタこそ賢いです(笑)! 他の文章も、「ん?」と目が点になるような、さらに抽象的・哲学的な内容で、一瞬では理解不能。なので、とにかく身近な「旅行」という単語に焦点を当て、自分の話に持ち込もうと戦略を立てました。


・さて、暴露すると"revisor de billetes"の意味がイマイチわからなかった私。さあ、どうしよう!?これが「駅の検札係」だということを面接官に確認し、賛成意見とその理由を述べました。救われたのは、面接官が途中で「じゃあ、大学教授と検札係なら、どちらが賢いと思う?」、「それはなぜ?」と突っ込んでくれたこと。これならより具体的な答えが出せます。どれだけロジカルに説得できたか、アワアワしてる間に「はい、ここまで」と終了の合図。うーん、前回よりはマシだったと思うけど、結果はいかに…!?


◆オーラル(C2) 受験のヒント


・以前、面接官経験者に聞いたところ、「発言の内容が事実と合っているか」よりも、「流暢に話せるかどうか」を見る、とのこと。極端に言うと作り話でもいい、と。自分の知っている語彙や文法をフル活用して、とにかく自分の考えを表現することが大事!ということでした。


・過去問題や対策集などに当たって、「幸せとは?」「お金持ちで早死にするのと、貧乏で長生きするのでは、どちらが良いか?」「インターネットの効用とは?」など、抽象的なテーマでも対応できるよう、考えをまとめておくことをオススメします!


----------------------------------------------

【DELE公式サイト】

"Recomendaciones para preparar las pruebas orales"(スペイン語)が掲載されています。DELEは、試験官の注意事項から試験問題まで、全てがスペイン語!なので、まずここから慣れておきましょう☆

DELE公式サイト:http://diplomas.cervantes.es/index.jsp  

オーラルのヒント:http://diplomas.cervantes.es/docs/ficheros/200511300001_7_5.pdf  


【DELE対策・過去問題】

・「セルバンテス書店」

東京・市ヶ谷にあるスペイン語専門書店。対策問題集を購入できる他、HPから過去のリスニング問題(音声)のダウンロードも可能です。

http://www.interspain.jp/educacion/download.php  


・「アデランテ」

大阪・梅田にあるスペイン語書籍・雑貨の販売店。DELE情報(日本語)、過去問題などが掲載されていて便利です。あふれんばかりの関西パワーが伝わってきます!

http://www.adelante.jp/deleinfo.html  


----------------------------------------------




みなさん、最後まで読んでくださってありがとうございました!次回DELEの開催は、8/20(土)が東京のみ、11/19(土)・20(日)が全国6か所(東京・京都・名古屋・大阪・福岡・沖縄)ですね。ぜひ、スペイン語力の維持・スキルアップに、チャレンジしてみてくださいラブラブ(ブログ編集:児玉)


posted by Rita at 12:56| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。