2011年10月03日

多文化共生実践力向上セミナー(医療編)@千葉

みなさん、こんにちは! 空にはすっかり秋らしい雲が浮かび、

過ごしやすい日々が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか?


今回は、児玉が受講中の「多文化共生実践力セミナー」について

ご紹介したいと思います。これは、千葉県の国際交流センターが主催する

語学ボランティア向けの研修。医療、教育・子育て、就労・法律の

3分野において、在住外国人を取りまく現状と課題を認識し、支援するための

知識を習得するものです。


先週、「医療編」の講義に参加してきましたが、考えさせられる点が

いくつもありました。


そのうち一つは、外国人が医療の情報から取り残されていること。


例えば、インフルエンザ予防接種について。A4一枚にびっしり日本語が

書かれたお知らせでは、制度としては外国人も利用できるものの、

まず日本語が読めるかどうかが壁になり、情報が伝わりません。

結果として、予防接種が受けられない人が出てくることになります。


講師の小林先生が院長を務めるクリニック(神奈川県大和市)では、

病院の看板に始まり、様々な情報を英語・中国語などで掲示・

発信されており、ベトナム語・フィリピン語・タイ語の通訳が待機して

対応しているとのこと。そのため、高度な技術を要しない手術を含め、

県外からも来院する患者がいるというお話でした。


このお話から、情報発信の際には多数派を対象にしてしまいがちですが、

マイノリティーへの配慮が不可欠だと感じました。

外国人患者への外来対応マニュアル―医師・看護師・コメディカルに役立つ/小林 米幸
¥2,940
Amazon.co.jp

もう一つは、医療通訳は「ボランティアであってもアマチュアではダメ」

ということ


こちらは、医療通訳の派遣数が日本一のMICかながわで

プログラム・アドバイザーを務める西村氏のお話でしたが、

在住外国人が通院する際、単に「該当言語と日本語ができる人」では

誤訳やスキル不足などの問題が発生します。


身近な例として、患者の子どもが通訳をする場合、

医療制度や病名に関する知識不足から誤訳に至る、

学校や遊びの時間が削られる、心理的な負担が生じる、

という問題が挙げられます。


一方、トレーニングを受けていない知人・ボランティアによる

通訳の場合は、技術不足による誤訳、人材不足で特定の人に集中、

病気以外の個人的な相談を持ちかけられる、という可能性もあります。


そこで、専門職としての知識・技術・倫理観を養うために

トレーニングが必要、というわけですが、日本ではまだまだ研修制度が

整っていないというのが現状のようです。

疑問・難問を解決!外国人診療ガイド/西村 明夫
¥3,360
Amazon.co.jp


先の大震災では、在住外国人に対する情報不足から多言語対応の

電話相談センターなどが設置されましたが、日常生活の中でも

身近な場面で通訳・翻訳者が必要とされていると思います。


千葉県では、講義だけでなくスペイン語演習も含めたセミナーを実施中です。

ご興味のある方は、お住まいの自治体でどのような通訳研修をしているか、

お近くの病院で多言語に対応しているかどうかを調べてみてください。


【参考】


千葉県国際交流センター

http://www.mcic.or.jp/

MICかながわ 

http://mickanagawa.web.fc2.com/

東京都 防災(語学)ボランティア募集

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/volunteer2/volunteer2.html

名古屋国際センター 外国人医療受診サポートボランティア研修

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/archives/386

(編集:児玉)





posted by Rita at 13:38| Comment(2) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■Hola!
こんにちは!
Cuanto tiempo・・・ですね。お久しぶりです。
やっと少し時間と気力ができました。

記事、とても興味深く拝見しました。

少しずれてしまうかもしれませんが。
最近、子供に予防接種を受けさせていますが、何種類もある上、それぞれの接種の間隔も日数が異なったりして、日本人にも整理・理解するのに時間がかかります。
外国人のママさんだったら誰かに教えてもらうのも大変だろうな・・と思っていたところでした。身近に頼れる信用の置けるところがあればいいですね。

わたしが外国人だったら、形式張っていなくて肩肘張らず頼れるような人なり、組織なりがあればいいなと思います。

また時間ができたらお邪魔します。
活動を楽しんでくださいね。応援しています☆
Posted by チリコンカン at 2011年10月17日 23:26
■Re:Hola!
>チリコンカンさん

Hola!! お久しぶりです。
コメントありがとうございました!
お元気そうなご様子、
生活も落ち着いてきたようでよかったですね。

赤ちゃんや小さなお子さんの健康は、
特に心配がつきないことだと思います。

今週はロールプレイングで
小児科における医師・患者・通訳の会話を
実践してみましたが、
チリコンカンさんのおっしゃるとおり
予防接種がたくさんあって、時期もバラバラ…。
通訳の際は、辞書や二言語での問診票と
首っ引きでした。

日本語のわかる親でも混乱しそうだし、
外国人の方ならなおさらですよね。

私個人でもRITAのメンバーとしても
そういう場面でお役にたてたらいいな、と
思っています。そのために、必要な心構えや
スキルを身につけようとしているところです。

チリコンカンさんも、ご自分とお子さんの
体調に気をつけてお過ごしくださいね。
また時々のぞきに来てください。
これからもよろしくお願いします!

(児玉)
Posted by Rita at 2011年10月19日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。