2012年04月30日

偶然ではない再会

先日,ニカラグアを旅したときのこと。


偶然立ち寄った日本料理店で,そこで働く日本人店長を紹介された。 

何気なく挨拶をしたが,相手の様子がどうもおかしい。
まじまじと私の顔を見た後,私の名前を言い当て,続けて「8年前,メキシコの日本人宿で・・・」 


「あっ」 
記憶が流れるように蘇った。



 20080404004308s.jpg


学生の頃,メキシコ市にある「ペンション・アミーゴ」と呼ばれる日本人宿に2週間ほど滞在したことがあった。
ご存じの方も多いだろうが,ドミトリー形式で,個性溢れる面々が定宿としているホテルだ。 


当時,私は考古学を勉強していて,彼はサッカー留学中であり,ベッドが隣同士だった。
多くの旅人と接するこの宿では,他の同宿者のことはあまり覚えていないが,彼のことは特別よく覚えていた。
違う世界に興味を惹かれていたのだろう。お互いのことをよく話した記憶がある。





結局,彼には美味い握り寿司をご馳走になった。
ニカラグアでの,うれしい嬉しいサプライズ再会になった。 


 P1030866.JPG



それにしても,お互い進んでいる道は当時とは違うのに,相変わらずラテンアメリカの世界とは縁がある。

ラ米に関わる日本人の世界では,似たような話はごろごろしているだろう。
偶然が偶然ではないほど狭い世界なのだと思う。

みな世界中を飛び回っているはずなのに,一種の「村社会」的感覚に陥ること,
皆さんも一度はあるのではないだろうか。 




これまでいろいろなラ米関係者にお世話になってきているが,現在音信不通となってしまっている方々も多い。
私の不徳の致すところではあるが,心のどこかで,きっとまたどこかでお世話になることがあるだろう,などと勝手に言い訳をしている。 

再会の彼とは次いつ会えるのか,まったくわからないが,きっとどこかで「偶然」会うだろう。
その頃,お互い何をしているかわからないけど,相変わらずラ米で繋がっているのは間違いない。


(sasaki)
posted by Rita at 18:27| Comment(0) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。