2012年12月10日

ベレンの思い出

スペインといえば、太陽がジリジリ焼けつくような夏のイメージがあるが、
私が思い出されるのはマドリードの晩秋から冬にかけての冷たく美しい季節である。

今の時季は、クリスマスと新年を前に街がきれいなイルミネーションで彩られる。
日本人の私はクリスマスといえば幼い頃から慣れ親しんだクリスマスツリーや
サンタクロースを思い浮かべる。しかし、15年前のスペインではそれらは
“海外のもの”というイメージが強くほとんど見かけることはなかった。
クリスマスに見られるのは、ベレンという、イエス・キリストの降誕場面を再現した
人形のセットだ。馬小屋と飼い葉桶に入った幼子イエス、マリアとヨセフ、天使、馬や羊、
そして星に導かれて東方からやって来る三賢王の人形が、各家庭に飾られたり、
広場には大掛かりなものが設置されたりする。ベレンは、一年に一度箱から取り出され
大切に飾られるお雛様を私に思い起こさせた。

私が滞在していた町で部屋を間借りしていた一家は、この季節になると玄関に
リャドロ社製の古いが立派なベレンを飾り、とても大切にしていた。
家主にはジョナサンという幼い甥っ子がいた。彼は学校の帰りに毎日この家に寄り、
仕事を終えた母親が迎えに来るまで宿題をしたり遊んだりしていて、顔を合わせる
私と仲良くなった。

ある日、ジョナサンがどこからかタコ糸と椅子を持ってきて、手を貸してとお願いしてきた。
何をするのと尋ねると、ベレンの上に紐を渡して星を取り付けなくちゃ、Reyes magos
(三賢王)はこの星に導かれてイエス様のお祝いに来るんだよ、知らないの?と言う。
最初は星を紐の端に付け、毎日少しずつベレンの方に動かし、noche buena
(クリスマスイブ)に幼子イエスの真上に来るようにするらしい。

椅子から足を踏み外して高価なベレンを壊したりしないよう、ちょっとヒヤヒヤしながら
紐を取り付けた。その後ふたりで厚紙と私が持っていた折り紙で金ピカの星を作り、
紐の端のほうに吊るすと、これからクリスマスまでの毎日少しずつ星をずらすんだよ!
とジョナサンははしゃいだ。最初から幼子イエスの真上に吊るせば?と聞くと、それじゃ
意味がないよ、三賢王はこの星に導かれてくるんだから!と彼は真顔で言った。

私たちはそれから毎日一緒に少しずつ星を動かした。ジョナサンは私が脚を押さえて
やる脚立に乗り、決まって神妙な面持ちで作業を終えると降りてニッコリしながら、
楽しみだねと言った。星がベレンの上に近づくにつれ、大人の私も段々ワクワクしてきた。

いよいよクリスマスイブの日、家族や親戚が集まり賑やかになった。間借りしている
外国人の私もパーティーに誘って頂いた。家主がおお寒い!と言いながら帰宅し、
ジョナサンが風邪を引いて来られなくなったと奥さんに告げていた。皆が集まる楽しい
パーティーでご馳走を食べてプレゼントなど貰える日だから、彼はさぞかし残念がって
いるだろう、と気の毒に思っていると、家主が茶色の上着のポケットから折り畳まれた
メモ用紙を取り出し、ジョナサンから頼まれたと言いながら私に手渡した。
開けるとそこには子供らしい字でこう書かれていた。

アキコへ 今夜は星がベレンの上になるように忘れないで!ジョナサンより

私は微笑ましい思いでメモをそっとポケットに入れた。
賑やかなパーティーを抜け、玄関へ行った。さて、最後の作業。
ひとりでちょっと寂しいけれどジョナサンに言われた通りにした。
部屋に戻り、簡単なカードを書いた。

ジョナサンへ
三賢王は星に導かれて、今夜無事に幼子イエスのもとにたどり着きました。
クリスマスおめでとう。早くよくなって! アキコより

金ピカの星が幼子イエスの上で明るく輝いていた。

宇尾 章子
posted by Rita at 20:38| Comment(0) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。