2012年12月25日

メキシコ・ワイナリーレポート



 

私は、ワインに目がない。

飲むばかりではなく、学問的にも
葡萄酒とは一体何ぞや?と、勉強してみたりする。

勉強すると、
『瓶を開けて飲む以前』
のことにも思いを馳せるようになり、
ぶどうの木の栽培や、醸造も気になりだし、畑やワイナリー巡りなどに精をだす。

こうして、酒量が増えていく。。
(こうして、スペイン語学習時間が減ってゆく。。)




先月、メキシコに行く機会があったので、ワイナリーに寄ってみた。

IMG_8170.JPG


日本の葡萄畑は年中通っているので、四季を通しての栽培状況がわかるのだが、
11月であっても温暖なここ、すこぶる暑い。

収穫は既に7月に終了しており、それから4ヶ月もたっているのだが、
日本の秋のような光景と思いきや、新芽が出ていたり、何かと日本と事情が違う。


シャルドネの発音が、ちゃるどなっ、であったり、
貴腐ワインのことを、pudricion noble (←日本語の意味そのまんま)と
言っているのを聞いて妙に納得したり。


また、食事との組み合わせが、
当たり前だが、メキシコ料理であるのも新鮮だった。
鶏肉のpechugaに、白ワイン。
あの濃いチョコレート色を持つmoleには、赤ワイン。



IMG_8177.JPG

マッチョなメキシコ人ソムリエ。
この方が講師をするテイスティングセミナーに出席。



IMG_8182.JPG

みんな真剣そのもの。


スペイン語を勉強する身として幸運に思うのだが、
ワインの産地にはスペイン語圏が多い。

スペイン、チリ、アルゼンチン。。
太陽ふりそそぐメキシコも、知る人ぞ知る葡萄の良い産地である。

来年もスペイン語、がんばらな。
ゆく先には、大好きな葡萄畑やワインが見える。


IMG_8247.JPG



このブログを訪ねてきてくれる皆さま、いつもありがとうございます。

来年も一緒に、スペイン語の勉強や仕事をがんばっていきましょうね。

今後ともRITAをよろしくお願いします。 2013年に乾杯。


ritaメンバー  luna


posted by Rita at 23:39| Comment(0) | 旅レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。