2012年04月30日

偶然ではない再会

先日,ニカラグアを旅したときのこと。


偶然立ち寄った日本料理店で,そこで働く日本人店長を紹介された。 

何気なく挨拶をしたが,相手の様子がどうもおかしい。
まじまじと私の顔を見た後,私の名前を言い当て,続けて「8年前,メキシコの日本人宿で・・・」 


「あっ」 
記憶が流れるように蘇った。



 20080404004308s.jpg


学生の頃,メキシコ市にある「ペンション・アミーゴ」と呼ばれる日本人宿に2週間ほど滞在したことがあった。
ご存じの方も多いだろうが,ドミトリー形式で,個性溢れる面々が定宿としているホテルだ。 


当時,私は考古学を勉強していて,彼はサッカー留学中であり,ベッドが隣同士だった。
多くの旅人と接するこの宿では,他の同宿者のことはあまり覚えていないが,彼のことは特別よく覚えていた。
違う世界に興味を惹かれていたのだろう。お互いのことをよく話した記憶がある。





結局,彼には美味い握り寿司をご馳走になった。
ニカラグアでの,うれしい嬉しいサプライズ再会になった。 


 P1030866.JPG



それにしても,お互い進んでいる道は当時とは違うのに,相変わらずラテンアメリカの世界とは縁がある。

ラ米に関わる日本人の世界では,似たような話はごろごろしているだろう。
偶然が偶然ではないほど狭い世界なのだと思う。

みな世界中を飛び回っているはずなのに,一種の「村社会」的感覚に陥ること,
皆さんも一度はあるのではないだろうか。 




これまでいろいろなラ米関係者にお世話になってきているが,現在音信不通となってしまっている方々も多い。
私の不徳の致すところではあるが,心のどこかで,きっとまたどこかでお世話になることがあるだろう,などと勝手に言い訳をしている。 

再会の彼とは次いつ会えるのか,まったくわからないが,きっとどこかで「偶然」会うだろう。
その頃,お互い何をしているかわからないけど,相変わらずラ米で繋がっているのは間違いない。


(sasaki)
posted by Rita at 18:27| Comment(0) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

500

 

メキシコに住み始めた頃、私は超初心者のスペイン語学習者で、
数字の読み方には相当苦労していた。

60(セセンタ) と、70(セテンタ)の言い間違いはしょっちゅう。
12:00(ドセ)と、2:00(ドス)の聞き間違いで、待ちぼうけしたことも。


その頃はまだ自分の銀行口座というものを持っていなくて、
お給料は、わざわざ銀行の窓口に並び小切手にサインして現金を入手する、という方法で得ていた。


この小切手、アラビア数字だけでなく、
読み方をスペイン語できちんと正しく書かなければならない。
間違っていれば銀行の方で受けつけてくれず、お金が手に入らない。

なんてことを知らなかった私は、ある日、

500ペソを入手すべく、小切手に「正しく」、思いっきり CINCOCIENTOS pesosと書き、
見事に却下されたのであった。


100 シエン
200 ドス シエントス
300 トレス シエントス
400 クアトロ シエントス
500 シンコ シエントス 

と言いたいところだが、500はなぜか序数詞チックに
キニエントス。と言うのが正しい。
(英語だって、素直に、five hundred なのに〜)


その500ペソをあてにしていた私のお財布と心はいよいよカラッポになり、
帰り道は、とぼとぼとうなだれ歩き、
「忘れまい。キニエントス。」と誓ったあの日を。。。

今でも『500』という数字を見るたびに、甘酸っぱく思い出す。


ritaメンバー  michiyo nishikubo

posted by Rita at 00:07| Comment(0) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

突撃!となりの〇ごはん!

RITAメンバーのみなさんの中には、海外在住経験のある方、外国人の相方がいらっしゃる方も多いと思います。そんなご家庭では、日本の普通の家庭ではあまり目にしない一風変わった料理が食卓にのぼることもあるのではないでしょうか?


そこで今日は相方がメキシコ出身の我が家のメキシカンな食卓の一部をご紹介しまするんるん



我が家では普段いそがしい朝は適当に済ませますが、二人揃って食べられるときにはゆっくりと食べることにしています。普通であれば「ご飯にする?パンにする?」となりますが、そこに「トルティージャにする?」という選択肢が加わります。


トルティージャの場合はもちろん相方がつくります。

写真 12-03-10 11 16 03.jpg



写真 12-03-29 17 28 40.jpg


卵料理とフリホーレスが基本。卵には手づくりのサルサもかけます。
つけあわせにアボカドやハラペーニョも添えます。
トルティージャももちろん手づくり。そこで欠かせないのがこれです。

写真 12-03-29 11 15 39.jpg


メキシコではおなじみのトウモロコシ粉『MASECA』です!

相方が帰国するたびに大量に仕入れてきます。


あと、我が家で愛飲しているインスタントコーヒーがこれ。

写真 12-03-29 18 02 59.jpg

普通のネスカフェに見えますが、実はメキシコのネスカフェなんですねぇ。

ちなみにこれは西友で普通に買えます。しかも値段も397円と大変お買得なのです!! 


そしてこれもメキシコならではだよなぁと思います。

写真 12-03-25 23 24 53.jpg


ポップコーンには必ずサルサをかけます(私ではなく相方が)
ポテトチップスにもかけたりします。
すっぱくて辛いのですが、タバスコともちょっと違います。
いちばん違うのはサルサのボトルサイズ。なんとこれは1kg入りです!

こんな感じで、我が家ではさりげなくメキシカンな食材がちょこちょこ登場しています。


自分では普通だけど、他の人から見たら面白い!ということが結構あります。
みなさんもちょっと変わった食生活や習慣などあればぜひご紹介ください〜♪


(ブログ編集:佐藤)






posted by Rita at 18:11| Comment(0) | メンバー体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。