2013年05月02日

<おすすめ本>太田直子著『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』


ラテンアメリカの映画配給、宣伝、字幕翻訳、を手掛けるアクションの比嘉さんに教えていただいた本、太田直子著 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』(光文社新書) をご紹介します。
字幕にまつわるあらゆるエピソードがユーモアたっぷりに描かれている作品で、一気に読めちゃいます。

字幕は「1秒間に4文字まで」の制限の中で、次のシーンにつなげる自然な訳、映像の邪魔をしない簡潔な日本語が求められる難しい仕事。字幕と吹き替の訳の違い、禁止用語、ルビ、一人称の選び方(「私」「僕」「おれ」「わし」「おいら」等のキャラづけ)などなど......
様々な制約の中での作業は果てしない苦労がつきものなのがよくわかります。

また、字幕特有のエピソードも挙げられています。
たとえば:

「映画のクライマックスで、死を決意した兄がかわいがっていた妹との別れ際に、死の決意を隠したまま「バイバイ」と言い、少し間を置いてもう一度、思いを込めて「グッバイ」と言うシーンがあった。

従来の字幕屋ならば、「バイバイ」だの「グッバイ」だの、聞けばわかるようなせりふにいちいち字幕はつけない。・・・(略)・・・
すると配給会社から注文が来た。「ここは聞けばわかるせりふなので字幕はやめましょう」という注文なら喜んで応じただろうが、さにあらず。先方はこうのたまったのだ。「『僕の大切な妹』 『さよなら』という字幕にしてください。ここは泣かせどころですから」・・・(略)・・・

必殺「泣かせ操作」だ。
「バイバイ」という英語が「僕の大切な妹」という日本語に化けてしまう恐ろしさ。・・・」

読んでいて、おもわずため息が出てしまいそうなエピソードがたっぷり......。
普段から字幕に対して疑問やクレーム(!)がある方にこそ読んでいただきたい本です。
このゴールデンウィークにぜひ。



写真 (6).JPG


kanda




posted by Rita at 11:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

流れをつくり、流れにのる

追い風の様な大きな人生の流れを感じて渡西を決めた十数年前。

渡航までに不足していると感じていた全てを、自分で言うのも何だが「凄まじいパワー」で補っていき、1日24時間あっても全く足りなく感じていたあの頃。自分の人生がどんどん開けていく、そんな躍動感と喜び、そして「確信」に満ちた準備期間だった。

 そして今年、再び決断をした。

しかし、今回は以前感じたような大きな流れは見えず、むしろ自分から小さな流れを作らざるを得なかった。しかも、とてつもなく大きな不安と迷いを抱えながら。それは、今までの自分の生き方からいけば「タブー」としてきた強引なやり方。「今を断ち切る」という決断だった。

恐る恐る始めた新生活だが、不思議なことに人生というものは本気になればおのずと開けていくようだ。今、フルタイムで通訳の仕事をしながら、ずっとやりたいと思いつつも逃げていた「あること」に挑戦している。すると、幾つものことが自然とつながり、自分の進むべき道が少しずつ見えてきているという実感を得ることが出来るようになってきた。自分の人生のキーワードが再び見えてきたという感覚もある。

私にとって、スペイン語は自分が自分であるための必要ツールだ。このスキルのお陰で現在も生計を立てているし、過去にも多くの機会でそうしてきた必要不可欠なものだが、心が望んできたものは別にある。それを無視して、世間一般の「期待」に応えようとしても、やはり心に軋みがきてしまう。

諦める前に「もう一度だけ挑戦してみる」という気持ちで、今日、今この瞬間だけと思って「えいやっ」と踏ん張ってみる。そんな時、自分の身を守る唯一の武器は、控えめでも「自分を信じ、評価する」こと。すると、何かがつながっていく。

自分が本当に好きなことは何か。自分の心が動かされるものは何か。ただ、それだけでもいけない。自立して生きていくために、自分にとって一番強力なツールは何なのか。自分のどんな点が人から評価されているのか。自分の好きなことを直接生業と出来る人は少ない。また、生業につなげても、そこに実力の伴わない人も多くいるのが現実だ。

冷静に、客観的に自分という「ハコモノ」を見極め、選択をしていく。冷静な目を持ちながら、自分の心をないがしろにしない生き方を見つけることで、人とは違う生き方であっても、心のバランスがとれた、充実した人生を送ることが出来ると私は思う。

来年明け、3年ぶりにスペインの地を踏むことになった。
点在した過去の様々な経験を、これからは一本の線にしていくためにも、私にとっては必要な旅となるだろう。


P1020384-a.JPG

 

MUU



 

posted by Rita at 18:29| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

ガリシア


この2か月、頻繁にガリシアの語学スクールのRosaという女性とメールでやりとりしていたこともあって、
ちょこちょことガリシアについて調べておりました。
Rosaがとってもmajaな女性で、行ったこともないのにすでにガリシア好きになりそう。

いくつかガリシア関連のサイトや本があるので、みなさんにもご紹介したいと思います。
    ↓↓
日本ガリシア交流会

このページに出てくるガリシア語をなんとなく読んでいたら「えっ、これってポルトガル語?!」と思うほど似ていて、(発音はわからないけど)驚きです。
ガリシアで上映された日本映画の情報なども掲載されていておもしろいですよ。

ちなみに:
このサイトの中で折鶴の折り方がスペイン語で紹介されているので、外国人に説明するときに参考になると思います。
ご参考まで。
    ↓↓
Origami


ガリシア情報満載のブログも発見しました。
    ↓↓
ガリシアへ行こう!

ガリシア情報限定の、この濃さがたまりません〜。


サイトだけでなく、最近出たこの本もとっても勉強になりそうです。
    ↓↓

galicia-libro-akashi.jpg

ガリシアにある本気の寿司レストラン、「sushidaki」。(やはり食が一番気になる)
日本人より美味しいお寿司を食べてるのでは?というほどに、美しいお寿司たち。
これ現地の人が握っているのかなあ。グルメすぎでしょ、ガリシア人。
    ↓↓
sushidaki

いつか行ってみたいものです。

そして私の食への欲望は増し、
日本でガリシア料理が食べられるところを探しました。
    ↓↓
La Gallega
(京都・三条)

スペイン料理のお店でガリシアのビールとか、「タコのガリシア風」を食べられるところは
色々とあるようですが、ガリシア料理と言えば、京都だけのようですねぇ。
東京にはないのかしら。

こんな感じでサイトパトロールをしておりましたが、やっぱりガリシアと言ったら「サンティアゴ巡礼」でしょう、
ってことで、本棚をあさって久しぶりにご対面したのは数年前に買った、美しい本。
    
    ↓↓

santiago.JPG

『聖地 サンティアゴ巡礼の旅 日の沈む国へ』 (エンジンルーム)
フランシスコ・シングル著


巡礼にまつわるすべてがぎゅっと詰まっています。
巡礼の起源はなんと9世紀からだそう。

ルートは様々で、
「フランス人の道」、「北の道」、「ポルトガル人の道」、「銀の道」があります。
真夏の景色、雪の景色も掲載されていて、それぞれのカミノの様子が美しく神秘的です。

巡礼手帳の中身まで公開されているし、持ち物リストまであって、
巡礼に行く人にとってはバイブルですね。


そしてなんといっても、
RITAコアメンバーのLunaさんは巡礼の経験者exclamation(←重要)

数年前、Lunaさんが「カミノに行ってきます」と言ったときのことを今もよく覚えています。
カミノについてのLunaブログ(はぽん通信)、おもしろいので読んでみてくださいね。
経験者の生の声はやっぱり貴重です。

私もいつか行ってみたいなあ、なんて思いをはせながら書いてみました。
もっと勉強して、「そのとき」が来たら必ず行こうと思います。

待ってて、ガリシアるんるん

(RITA Kanda)



posted by Rita at 12:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。