2012年08月07日

厳しい夏・・・

いやあ、毎日暑いですねえ!!
夏真っ盛りですね。
MP900424387.JPG
猛暑、酷暑、残暑・・・日本語にも暑さを表現する言葉にはいろいろあります。
夏は楽しいことも多いですが、なかなか気候的には厄介な時期です。

さて、スペイン語で夏はveranoですよね。
でも、たった一文字場所を入れ替えただけで、実は・・・

averno (Del lat. avernus, -i).
<文語>地獄【infierno】:黄泉(よみ)の国

おっと、地獄の意味になってしまいました!!
偶然とはいえ何か偶然とは思えない感じが・・・
私が住んでいたスペインのアンダルシアは夏の暑さで有名なところ。
私が目撃した一番高い気温は何と53度!!

veranoはまさにavernoな時期なのです。
再度ちょっとしたスペイン語豆知識でした。

<MUU>
posted by Rita at 23:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

Luna llena



「月にウサギはいますか?何匹見える?」

この質問の答えが大変興味深かった。



メキシコでは、皆、「1匹」と答えます。

「じゃあ、何をしてるの?」と聞くと、

「何もしてない」と趣きのない返事。

この質問をけっこうな人数にしてみたのですが、かの国ではみな同じ答えでした。

(月にはうさぎがいる、ということについては同じであっても、

それ以上は興味がないようで、

 ラテン人、意外にロマンチックではない。。。)



日本人であれば、たいてい「2匹いて、おもちついてます。」と答えませんか?

そう見える、見えないにかかわらず、その国で昔から続いている決まりきったものがあるのですね。



明日、8/2は満月。

日本のうさぎは満月の中でもちつきをしますが、他の国ではどうなのかな?と思いを馳せることにします。



luna llena.jpg


RITAメンバー  luna






posted by Rita at 07:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

KidZania(キッザニア)

先月、TBSの『がっちりマンデー!』という、企業の儲けの秘密を探るという番組で、「キッザニア」の本社が取材されていました。RITAメンバーならご存知の方も多いと思いますが、キッザニアはメキシコのグローバル企業です!現在は世界8ヶ国11ヶ所に展開しており、今後の2年で新たに13ヶ所オープン予定だとか。そんなキッザニアが初めて海外進出した国は、日本。更に、メキシコ以外の国で1ヶ所以上を展開しているのも、現時点では日本だけです。

日本でキッザニアを展開しているのはKCJ GROUP株式会社。社長である住谷氏が、キッザニアに惚れ込み、日本で展開することになったそうです。住谷社長は、ハードロックカフェや、カプリチョーザなど、世界的ブランドのレストランを展開する外食事業会社WDIの元社長さんでもあります。住谷氏がキッザニアを知り、日本に設立するまでのお話も大変興味深いです。詳しいお話はこちらで見られます。

120625zoff_kidzania_tokyo01_600.png


キッザニアは、子どもたちが本物の職業体験を学べるテーマパーク。施設はリアルさを追求し「本物の3分の2」サイズで作られているそうです。そして展開する国によって、体験できる職業も違います。例えば、メキシコのキッザニアには、「遺跡の発掘」や「靴磨き」なんていうお仕事もあるそうです。

子どもたちは、いろいろな職業を体験し、「キッゾ」という、キッザニア内で使えるお金を稼ぎます。ここで、とても面白いのが「お金の使い方」です。日本の子どもたちは、稼いだお金は無駄遣いをせず、銀行に「貯金」をし、最後にお金をおろして買い物をするそうです。一方、メキシコの子どもたちは、お金があると、まず最初に使い、その後に仕事を探しに行くのだそうです。なんと!子どものころからはっきりと国民性が表れているんです!!興味深いですね〜!!

index_img_kidzo_01.gif


今ではお馴染となったキッザニアは、1999年にメキシコで第一号がオープンしました。創始者であるXavier Lopez氏の「母親の負担を減らし、子どもたちが楽しめる託児所」をつくりたいという発想がその原点なのだそう。さらに、ただ楽しいだけではなく「何かを学べる場所」を提供したいということから、現在のキッザニアが誕生したのです。
このように明確なコンセプトを持っているからこそ、世界中の子どもにも大人にも親しまれる、大人気のテーマパークになったのですね。私が子どもの頃にもあったらよかったのになぁー、と思わずにはいられません。子どもができたら絶対に連れて行こう!っと改めて思いました。

(執筆:佐藤)

posted by Rita at 22:53| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。