2012年04月15日

通訳案内士への道 〜新人研修編〜


こんにちは、タニグチです。

週末、京都へ行ってきました。
今年の桜は
全国各地遅咲きでしたが、京都もかなり遅かったようです。
舞い散る花びら、桜のじゅうたん、そして木々にはまだ満開近い桜かわいい
とても気持ちの良いお散歩になりました。

sakurakyoto.JPG


さて今回は、通訳ガイド・新人研修会の報告です。
前回のレポートでも書きましたが、通訳案内士の団体は全国に16あり、
多くの団体は、新人ガイド向けの研修会を行ないます。


通訳ガイドの仕事は、大きく分けると
  ・外国語でガイディングする業務
  ・添乗業務
となりますが、研修では主に添乗業務で重要なポイントを実地で学び、
その中で、先輩でもある講師の方々のガイディングを聞き学ぶ、といった感じです。


例えば、東京の名所の1つと言えば、浅草。
平凡な平日昼間ですら驚くほどの人込みの中、
大人数の外国人旅行者を、どのように迷子を出さずに案内するか。

考えただけでも、気が遠くなりますよね(笑)
もちろん、決まり決まったマニュアルがあるわけではありませんが、
ポイントを教えていただき、それをどのように実践できるようにしていくか、
という、ガイドの目線を養っていくわけです。


そんな新人研修からおよそ1ヵ月後、知人スペイン人と都内観光をした時のこと。
一番最初に聞かれた質問は、「日本人の信仰する宗教って何?」
皇居の衛兵を見たときには、「彼らもバッキンガム宮殿みたいに交代するの?」
などなど、定番の質問から、思いもよらぬ質問まで。


意外なところで、研修会で出てきたことが試され、いい刺激になりました。

ガイドデビューをするには、知識も下準備も、まだ不足していますが、
帰国前に「楽しかった。また日本に来て今度は○○に行きたい!」なんて言われると、
改めてガイドへの勉強、頑張らなきゃ!と思いましたぴかぴか(新しい)


posted by Rita at 22:11| Comment(1) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

2011年度通訳案内士 結果報告&通訳ガイドへの道


こんにちは。少し暖かくなったかな?と思ったら、再び寒波がやってきましたね。
今冬
5波目だそうです。インフルエンザも猛威を振るっているようですので、
春に向けてしっかり体調管理をしておかなければなりませんね。

 


さてさて、少し早い春の知らせが、先日
210日にありましたかわいい
通訳案内士試験の合格発表です。


RITA
のメンバーも数人受験したのですが、みんなで一緒に乗り切ったおかげか、
皆さん合格されていましたぴかぴか(新しい)私、タニグチも無事合格でしたぴかぴか(新しい)

 


合格発表は、日本政府観光局(
JNTOHPと官報に掲載され、後日郵送で
通知が送られてきます。私は、朝起きて身支度を整え、どきどきしながら
JNTOHPへアクセス。一覧の受験番号の中に自分の番号を見つけた時は、
一人で「やった〜!」と万歳をしました。
二次試験直後は、なんとなく「大丈夫かな、たぶん」と思ってはいたのですが、
いざ合格発表が近づいてくるとだんだん不安になっていたので、
本当にほっと安心し、とても嬉しくウキウキしております。

 

そして、一緒に試験を頑張った仲間からも、喜びの声が届いていますexclamation

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Sさん

 昨年の震災を機に「後回しにせず、今やろう!」と自分の中途半端な
 スペイン語を勉強し直そうと決心しました。苦手な日本史や一般常識は
 過去問で集中補強しましたが、何より合格の決め手は、勉強仲間と二次用の
 
QAを何度も練習したこと!独学よりモチベーションも効果も段違いでした。

 今後はガイドをはじめ、コミュニティ通訳や映像翻訳など、仕事の幅を
 広げていきたいです。


 ※面接の内容は下記バックナンバーでお読みいただけます
  
http://rita-blog-rita.seesaa.net/article/242336409.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Kさん

 今年無事通訳案内士試験に合格することが出来ました!

 私の場合、現在従事している業務の都合上、昨年「国内旅行業務取扱管理者」の
 資格も取得したのですが、通訳案内士を目指す人にとってもかなり有益な知識が
 得られるだけでなく、重なる科目もあるので、セットにして受験準備するのも
 一つの手だと思います。

 しかも、「国内…」の資格があれば、通訳案内士筆記試験の日本地理が試験免除と
 なる特典も。本試験は法令や運賃・料金計算等の知識も必要とされますが、
 更に仕事の可能性を広げたい方、「旅のプロ」を目標とする方にはオススメです。

 ※「国内旅行業務取扱管理者」試験の詳細はこちら
  http://www.anta.or.jp/exam/shiken/setsumei.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Mさん

 スペイン語通訳案内士を目指してみよう、と思い立ったのは4年前。
 その頃、札幌で英語ガイドをしていた私への、夫の
3年間のフィリピン赴任の
 知らせは「休業」を意味するものでした。通訳ガイドは、語学、人とのご縁、
 添乗など様々な要素が必要な仕事です。
 復帰後を考えると第
2外国語での免許取得は生き残り策に思えました。
 かくしてマニラでABCからスペイン語を学ぶ日々が始まりました。
 駐在仲間のランチ、お茶、ショッピングのお誘いをお断りしながら、
 図書館で勉強に励みました。幸運にも現地滞在中のスペイン・ラテン人の友人に
 恵まれ1つの国にいながら様々なスペイン語に触れることができました。
 「
3年で通訳ガイド」はやはり難しく、一昨年は不合格になりましたが、
 今年はナンとか合格。
 しかしまだ英語のようにはスペイン語は話せないし聞き取れません。
 やっとスタート地点に立たせて頂いたような、そんな、気がしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  


合格したら、次のステップは各通訳案内士団体による説明会に参加すること。
なんと、合格発表翌日から早速実施されますので、合格発表の前から、
スケジュールだけはチェックしておきましょう。

 

通訳ガイドとして働く方の多くは、全国16ある団体のいずれかに
所属されているようです。そこで悩むのが、どこに所属すればいいか。

今回いくつかの説明会に参加し感じたのが、それぞれ異なった特徴とカラーが
あるということです。もし迷われたら、複数の説明会に参加し、雰囲気を感じて
決めるのも一つの手かと思います。
何より、説明会では同じ目標を持つ人と知り合うきっかけにもなりますしね。

 
非常に喜んだ通訳案内士の合格も、ガイドになる第一歩にすぎません。
今日からは、その実務を担っていく者として再びしっかりと学び、
ガイドデビューに向けて一歩一歩進んでまいりますぴかぴか(新しい)



posted by Rita at 10:16| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

2011年度通訳案内士2次試験 受験レポート(その2)

こんにちは!RITAの児玉です。いよいよ2012年までカウントダウン!
忘年会に大掃除、お正月の準備etc.と慌ただしい年の瀬をお過ごしの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

さて、シリーズ第2弾。前回の記事では、今年の通訳ガイド2次試験について、
受験レポートをお届けしました。今回はその続きです! Sさんの試験対策
方法を伺いましたので、ご参考にどうぞ。


〜試験対策の方法を振り返って〜

◆1次試験(筆記)

1)地理・歴史・一般常識


通訳ガイド 地理・歴史・一般常識過去問解説―平成22年度問題収録 [単行本] / 岸 貴介 (監修); 法学書院 (刊)通訳ガイド 地理・歴史・一般常識過去問解説―平成22年度問題収録 [単行本] / 岸 貴介 (...
・『通訳ガイド 地理・歴史・一般常識過去問解説』(法学書院)
…語学以外の過去問が一冊にまとまっていて便利。過去5年分の問題を二回ずつ
解いて、傾向と自分の弱点を把握した。


詳説日本史図録 第4版 [大型本] / 詳説日本史図録編集委員会 (編さん); 山川出版社 (刊)詳説日本史図録 第4版 [大型本] / 詳説日本史図録編集委員会 (編さん); 山川出版社 (刊)
・『詳説日本史図録』(山川出版社)、『グローバルマップル 世界&日本地図帳』
(昭文社)…歴史・地理の資料として使用。写真や地図は記憶に残りやすい。
特に山川の図録が充実していてオススメ。

最強の一般常識&時事用語―超頻出!!最重要!!〈2013年度版〉 [単行本] / 新星出版社編集部 (編集); 新星出版社 (刊)最強の一般常識&時事用語―超頻出!!最重要!!〈2013年度版〉 [単行本] / 新星出版社編...
・『最強の一般常識&時事用語』(新星出版社)を一般常識対策に使用。
政治・経済・文化等、ガイド試験に関連する内容に絞って読み、問題を解いた。
新聞にも目を通した。

2)スペイン語

・過去5年分の問題を解いて、傾向をつかんだ。試験問題はハロー通訳のサイト
からダウンロードし、解答は日本政府観光局(JNTO)のサイトで確認した。


【ハロー通訳】http://www.hello.ac/dataroom/
【JNTO】http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/question_archive.html

・「イスパニカ」の通訳クラスや、NHKワールド(ラジオニュース)で出てきた
時事用語を覚えた。

【イスパニカ】http://www.hispanica-academia.org/
【NHKワールド】http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/spanish/top/index.html


【送料無料】 暮しのスペイン語会話 改訂新版 / 大島洋子 【単行本】【送料無料】 暮しのスペイン語会話 改訂新版 / 大島洋子 【単行本】
・『暮しのスペイン語会話』(学生社)を参考に、よく出題される食品・動植物・
医学用語を覚えた。


◆2次試験(面接)

1)教材の活用


日本的事象英文説明300選―通訳案内士国家試験に出る [単行本] / 植山 源一郎 (著); ハローインターナショナル (刊)日本的事象英文説明300選―通訳案内士国家試験に出る [単行本] / 植山 源一郎 (著); ...
・『日本的事象 英文説明300選』(ハロー通訳アカデミー発行)を使用。
11月の筆記試験合格後に対策を始めたため時間が限られ、各章から約半分を
厳選してスペイン語に翻訳した。外国人に聞かれそうな基本事項を日・英で
簡潔に説明してあり、西訳する際に英語表現が参考になった。さらに、日本
語文とスペイン語訳を自分でボイスレコーダーに録音し、電車等で聞いた。

・上記アカデミーのメルマガに登録し、過去問題や模擬試験(主に日・英)
を使用。自分の苦手意識がある分野(歴史・経済・観光情報)を中心に、
時間の許す限りスペイン語に翻訳し、音読した。

2)面接の練習

・ガイド試験対応ではないが、「イスパニカ」の通訳クラス(週1回)を受講
しており、毎週緊張感を味わっていた。

・上記スクールやRITAの勉強仲間とマンツーマンで質疑応答の練習をした。
11月の合格発表以降に週1〜2回、ファミレスでシミュレーション。
家族にも何度か英語で質問してもらい、スペイン語で答える練習をした。
あまりお金をかけず、気軽に何度も練習できたのが良かった。

・できれば8月の一次試験終了後に二次対策をスタートし、翻訳した内容や
面接のシミュレーションをネイティブに確認してもらうとより効果的だった
かもしれないが、限られた条件の中でベストを尽くすことができたと思う。

以上


Sさん、詳しいレポートをありがとうございました! 最終的な合格発表は
2月とのこと。良い結果が出るといいですね! みなさんも、今後のお仕事の
チャンスが広がると思いますので、ぜひトライしてみてください。

ところで、RITAのメルマガに登録すると、スペイン語圏関連のイベント情報や、
お食事会のご案内が届きます。通訳・翻訳者を目指す方、スペイン語学習中で
勉強仲間と交流のチャンスがほしい方、
ぜひE-mail: ritacontigo(a)gmail.com までご連絡ください。
※(a)を@に変えてメールしてくださいね。

最後に、今年一年間、RITAを応援してくださってありがとうございました!
それではみなさん、良いお年をお迎えください!!
!Muchísimas gracias por todo su apoyo a RITA este año 2011! 
!!Les deseo a todos un próspero año nuevo!!

(ブログ編集:児玉)
posted by Rita at 11:53| Comment(0) | 資格試験・学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。